ギミック紹介

デッキタイプ

【ランク3】

《SRベイゴマックス》《魔界発現世行きデスガイド》《クレーンクレーン》《レスキューキャット》であれば1枚の消費で行うことができる。
《SR三つ目のダイス》《エッジインプ・シザー》《ダンディライオン》《ペロペロケルペロス》《彼岸の旅人ダンテ》《虚空海竜リヴァイエール》等、墓地や除外に関連する効果を持つモンスターが多い。
また、チューナーを混ぜることで、《瑚之龍》《氷結界の龍 トリシューラ》の召喚も狙える。

【ランク4】

《竜巻竜》《鳥銃士カステル》《励輝士 ヴェルズビュート》等、強く場に干渉できるギミック。
《Emトリック・クラウン》《ライトロード・マジシャン ライラ》《終末の騎士》を使うことで、アドバンテージを獲得しやすい。
レベル4を並べる方法としては、《BF-精鋭のゼピュロス》《SRメンコート》《トラゴエディア》《フォトン・スラッシャー》が挙げられる。

【アドバンス召喚】

《邪帝ガイウス》《風帝ライザー》《魔装邪龍 イーサルウェポン》《光と闇の竜》《烈風帝ライザー》といったアドバンス召喚で効果を発揮するモンスターを活用するギミック
あらゆるデッキに組み込むことができるギミックである上、《黄泉ガエル》《黒き森のウィッチ》《洗脳-ブレインコントロール》《帝王の烈旋》《バージェストマ・カナディア》等と合わせることで、アドバンテージを獲得しやすい。

【シンクロ召喚】

《ブラック・ローズ・ドラゴン》《氷結界の龍 トリシューラ》等、超強力なモンスターを多く持つギミック。
チューナーおよびシンクロをバランス良くピックしたうえで、レベルも合わせる必要があるため難易度が高い。

【リンク召喚】

場にモンスターを展開し、《デコード・トーカー》《ファイアウォール・ドラゴン》《ヴァレルロード・ドラゴン》へのアクセスを目指すギミック。
シンクロ召喚と比較するとパワーは落ちるものの、レベル調整やチューナー調達が不要であるため、構築の幅が非常に広いことが特徴。
消費を抑えるためには、《プロキシ―・ドラゴン》+トークンのギミックが助けになることが多い。

【征竜】

《巌征竜-レドックス》による莫大なアドバンテージを産みだせるギミック。
《カードガンナー》《光の援軍》といった不確定墓地肥やしに頼る他、《おろかな埋葬》《ラヴァルバル・チェイン》で直接落とす戦術も考えられる。
《TG ストライカー》《レスキューキャット》《素早いビッグハムスター》《EMモンキーボード》等、強力な地属性テーマは多く存在するため、構築の幅も広い。

テーマ

幻獣機

《幻獣機オライオン》
《幻獣機ハムストラット》
《幻獣機テザーウルフ》
《幻獣機ブラックファルコン》
《幻獣機ドラゴサック》

サーチカードこそ持たないものの、風属性・機械族で統一されており、《幻獣機ハムストラット》で釣り上げることができる。
全てのモンスターがトークンを生成する能力を持ち、アドバンス・シンクロ・リンク召喚に繋げやすい。
派手さはないが、単体性能に優れ、堅実にアドバンテージを獲得できるカード群。

ライトロード

《ライトロード・ハンター ライコウ》
《ライトロード・アサシン ライデン》
《ライトロード・マジシャン ライラ》
《ライトロード・モンク エイリン》
《光の援軍》

《光の援軍》という超強力なサーチカードを有し、光属性で統一されている。
全てのモンスターがデッキトップを墓地に送る能力を持ち、墓地誘発に繋げやすい。
運次第では追加アドバンテージを獲得できる可能性がある上、単体性能に優れ、盤面干渉力も高いカード群。
チューナーモンスターも存在するため、シンクロ戦術も取ることができる。

エンタメイト

《EMヒックリカエル》
《EMウィップ・バイパー》
《EMハンサムライガー》
《EMモンキーボード》

《EMモンキーボード》という強力なサーチカードを有し、このカード自体も《EMハンサムライガー》《炎舞-「天キ」》を介してサーチできる。
戦闘を補助するモンスターと、戦闘によって大きなアドバンテージを獲得するモンスターがテーマ内で噛み合っている。
《EMハンサムライガー》からアクセス可能な《アストログラフ・マジシャン》が超強力であり、カードアドバンテージで優位に進めやすいカード群。

アンデット

《スケープ・ゴースト》
《ゾンビキャリア》
《ワイトプリンセス》
《魂を削る死霊》
《ゴブリンゾンビ》

《ゴブリンゾンビ》というサーチカードを有するが、魔法カードではないため若干動きが固い。
リンク召喚に繋げる《スケープ・ゴースト》《ゴブリンゾンビ》と、リンクモンスターを守る《ワイトプリンセス》の存在からリンク戦術を取りやすい。
また、光属性・闇属性を手札や墓地に溜めやすいため、《カオス・ソーサラー》《闇の誘惑》といったカードも採用できる。
他のテーマと異なりサーチカードが安いため、ピックの安定感がウリのカード群。

植物

《グローアップ・バルブ》
《捕食植物フライ・ヘル》
《ダンディライオン》
《ローンファイア・ブロッサム》
《キラー・トマト》

《ローンファイア・ブロッサム》という強力なサーチカードを有する。
テーマとしての纏まりが薄めだが、あらゆるデッキに採用することができるカード群。

  • 最終更新:2017-10-07 20:54:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード